キャバ嬢の苦悩の日々を告白


by xor7evci8e

<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 70歳以上の生活保護受給者に支給されていた「老齢加算金」の廃止について、北九州市の生活保護受給者39人(70〜90歳代)が「憲法が保障する生存権の侵害にあたる」として、市に廃止決定の取り消しを求めた訴訟の控訴審判決が14日、福岡高裁であった。

 1審・福岡地裁は原告の請求を棄却したが、福岡高裁の古賀寛裁判長は全員について市の廃止決定を取り消した。

 原告側弁護団によると、老齢加算を巡っては全国8地裁で同様の訴訟が起こされたが、廃止を違法と判断した判決は初めて。

 判決によると、老齢加算制度は1960年、「高齢者は食費や暖房費などの出費がかさむ」として創設された。原告らが住む北九州市では、2003年度までは1万7930円を上乗せして支給されたが、厚生労働省の決定により04年度以降は段階的に減額され、06年度までに廃止された。

 福岡地裁判決は「老齢加算金の廃止で、原告らは生活の各方面で制約を強いられたが、『最低限度の生活水準』を下回っているとまでは言えない」とし、請求を棄却。原告側が控訴していた。

 老齢加算を巡る訴訟では、福岡、東京など4地裁で原告側が敗訴。今年5月には東京高裁でも原告側の控訴が棄却された。

はやぶさ、地球帰還へ=豪州砂漠にカプセル落下―小惑星の砂に期待・宇宙機構(時事通信)
<荒井戦略相>知人宅を「主たる事務所」に 活動実態なく(毎日新聞)
九州全域での対策強化=口蹄疫で合同本部―国交省(時事通信)
小沢前幹事長、人事に不満ながらも当面様子見?(読売新聞)
雑記帳 南アW杯での勝利願い「我居るど勝歩弁当」 宮城(毎日新聞)
[PR]
by xor7evci8e | 2010-06-18 18:20
 【ハノイ=油原聡子】ベトナムの現地医師とともに、先天性心臓病に苦しむ子供たちの手術を行った日本の医療団は3日、集中治療室を訪れ、回復状態を確認した。医療団は滞在の5日間で、4歳から21歳の4人の手術を指導、全日程を終え4日帰国する。

 心房中隔欠損などの手術を受けた男児グエン・ニャット・ミンちゃん(4)は、もう起きあがれるようになり、母のアインさん(30)が顔を見せると手を延ばした。執刀したグエン・ホアン・ハー医師によると、ミンちゃんと、ファロー四徴症の手術を受けたファム・ティ・モーさん(13)は順調に行けば1週間から10日、ファロー四徴症に動脈管開存症などの合併症があった少年、フィー・バー・ティンさん(17)は2週間ほどで退院できるという。

【関連記事】
「明美ちゃん基金」日本医療団、ベトナムで手術指導へ
形をかえた恩返し「祖国の未来のために」 ベトナムの秋田医師
明美ちゃん基金 目指すは「命を釣り上げる“釣りざお”」
ギタアリヤちゃん、最後の手術延期し一時帰国へ
3つの心疾患の男児を4回の手術で治療 長野県立こども病院

国会、2週間延長を=民主・玄葉氏(時事通信)
<窃盗未遂容疑>非番の警察官宅に侵入…取り押さえられる(毎日新聞)
温首相、ジョギングで市民と交流(産経新聞)
“神鹿襲撃”飲食店主の浅はかすぎる動機とは…(産経新聞)
検察審査会に説明求めた民主・辻議員に質問状(産経新聞)
[PR]
by xor7evci8e | 2010-06-08 02:45