キャバ嬢の苦悩の日々を告白


by xor7evci8e

<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 大阪市営地下鉄谷町線の電車内で、地下鉄職員(42)に寝ていたのを起こされ、腹を立てて殴ったとして、府警阿倍野署は24日、公務執行妨害の現行犯で、淀川消防署の消防司令補、堀江和志容疑者(31)=京都市伏見区久我森の宮町=を逮捕した。

 逮捕容疑は24日午後8時45分ごろ、阿倍野区を走行中の地下鉄で、酒に酔って寝ていたのを起こされたのに腹を立て、地下鉄職員の顔を殴ったとしている。

【関連記事】
「五香駅はどっちだ?」 道尋ねて無視され殴る 松戸
部屋片づけ注意され…29歳男、父親を中華鍋で殴り包丁で刺す
「あいさつしない」隣人を包丁で脅す 容疑の男を逮捕
「逮捕されるならやらなきゃよかった」…元仲間に暴行、高校生ら逮捕
小指ないことを理由に入店断られ立腹 恐喝未遂容疑で男を逮捕 警視庁

<鹿屋市長選>会社社長の嶋田芳博氏が初当選(毎日新聞)
法制局長官陪席の打診否定=平野官房長官(時事通信)
50歳泥酔保護男が警察署内で放火(スポーツ報知)
楽天、百度と提携 中国で「楽天市場」展開へ 台湾、タイに次ぐ3カ国目(産経新聞)
淡路島でスイセン見ごろ(産経新聞)
[PR]
by xor7evci8e | 2010-01-31 10:04
 09年度第2次補正予算案は25日に衆院を通過し、28日に成立する見通しとなった。これまでの審議では、鳩山由紀夫首相は守りに終始したが、野党側の追及不足もあり逃げ切った格好だ。ただ、与党側は補正予算審議と引き換えに2月中の集中審議や党首討論の開催を約束。野党側は「政治とカネ」の問題をさらに追及する構えで、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体を巡る事件の展開次第では、首相が厳しい立場に立たされることも予想される。

 ◇政治とカネ

 首相は自らの偽装献金問題について(1)母親からの資金提供は知らなかった。贈与税を免れようとの意識はなかった(2)検察の捜査で違法性がないことは確認された−−との答弁を繰り返した。野党から「国民の常識では信じられない」と追及されても、「なかなか理解はされないかもしれないが、真実は一つ」などとかわした。

 21日の予算委員会では、自民党の谷垣禎一総裁が「(資金提供を)首相が承知していると証明できたら首相をやめますね」と追及、首相の「当然、バッジを付けている資格はない」との答弁を引き出したが、追及はそこまでだった。

 一方、小沢氏を巡る事件では、首相は国会の外で「どうぞ戦ってください」「(小沢氏の元秘書で逮捕された石川知裕議員が)起訴されないことを望む」などの発言を連発、釈明や撤回に追われ自ら墓穴を掘った。

 2月4日には、石川議員の拘置期限を迎え、起訴は不可避とみられている。また、小沢氏本人への事情聴取を踏まえ捜査が進展する可能性もあり、首相にとっては先行き不透明なまま10年度予算案審議を迎えることになりそうだ。

 ◇緊急経済対策

 景気の「二番底」が懸念され、国民的な関心も高い景気対策。野党の自民、公明両党の批判は、自公政権がまとめた第1次補正予算の一部を鳩山政権が執行停止したことに集中し、議論は深まりを欠いた。

 「経済対策の空白ができた」。公明党の井上義久幹事長は予算凍結で景気に悪影響を与えたと批判した。自民党の茂木敏充幹事長代理は「(2次補正は)1次補正のコピーだ」と述べ、1次補正で凍結した項目が2次補正で復活している点を指摘し不要な凍結だったと主張した。

 これに対し、菅直人副総理兼財務相は「項目が一緒でも中身は全然違う」と反論。「一時凍結したからマイナスと言うが、中身を変えないと本格的な改革ができない」などと取り合わなかった。

 ただ、「政治とカネ」に多くの時間が割かれたこともあり、緊急経済対策の具体的な中身についての議論は未消化のままに終わった。【野原大輔】

【関連ニュース】
第2次補正予算案:衆院本会議で与党3党などの賛成で可決
毎日新聞調査:主要119社中、半数強が景気は「足踏み」
自民党:税調が政府批判 経済政策で攻勢
政府見通し:成長率は「1%台前半」 10年度
自民幹事長:補正予算2.7兆円の執行停止を批判

入院患者の身体拘束 病院の措置は「合法」 患者側逆転敗訴 最高裁判決(産経新聞)
神戸ポートタワー 改修工事進む 3月下旬にリニューアル(毎日新聞)
小沢氏の国会招致に消極的=鳩山首相(時事通信)
学校爆破予告メールは「何となく」 27校休校、容疑の男子中学生逮捕(産経新聞)
小沢幹事長宅に実弾郵送か=秘書が発見、届け出−警視庁(時事通信)
[PR]
by xor7evci8e | 2010-01-29 20:50
 25日午前5時55分ごろ、大阪市平野区瓜破東の市営瓜破東第1住宅5号館(12階建て)屋上から、パトカーに追跡され逃走していた男性が転落、死亡した。男性は20代とみられ、平野署が身元確認を急いでいる。

 平野署などによると、同日午前4時10分ごろ、大阪府東大阪市西岩田の府道大阪中央環状線の側道で、河内署のパトカーが、窃盗事件の現場で目撃されたとして手配中の軽乗用車を発見、追跡した。

 軽乗用車は約15分後、平野区瓜破東のブロック塀に衝突し、乗っていた男4人が逃走。1人が約300メートル離れた市営住宅に逃げ込み、転落したという。

【関連記事】
ハイテク捜査最前線 解析技術向上、情報共有も
私書箱「振り込め」で悪用 高い匿名性 甘い本人確認も
「シーシェパード」が異臭放つ薬品ボール 南極海で調査捕鯨団妨害
ひったくりを400メートル追跡、確保 京都の女性「足には自信あった」
暴走、逆走、物損5件…13キロの逃走劇 信号無視の乗用車が白バイ振り切る

東電元社員らオリックスから2億4千万詐取容疑(読売新聞)
「記念碑的な作品作りたかった」 篠山紀信さんとモデルの計3人を書類送検(産経新聞)
<公明党>予算案に早々と賛成表明 野党共闘に影響か(毎日新聞)
「身の潔白」早く説明を 首相が小沢氏に望む(産経新聞)
「平城京セレブのデザート」、古代の乳製品「蘇」が人気 (産経新聞)
[PR]
by xor7evci8e | 2010-01-28 19:22
 大阪府池田市は22日、市立五月山動物園で飼育中のホンシュウジカ18頭について、結核の感染が広がるのを防ぐため、すべて安楽死させると発表した。昨年10月と今月に結核のため1頭ずつ死に、その後の検査で18頭中12頭の感染が確認されたため。五月山動物園は昭和33年、シカのみで開園しただけに、市は「苦渋の決断だった」としている。

 池田市によると、今月8日に4歳のメスジカが結核の疑いで死んだのを受け、残る18頭にツベルクリン反応検査を実施。その結果、12頭の感染が確認された。

 市は昨年10月に2歳のメスが死んだ後も同様に全頭を検査し、感染していた5頭を殺処分したばかりだった。動物に対して投薬治療を適切に続けるのは事実上無理なことから、これ以上の感染を防ぐために全頭の処分に踏み切った。人間にうつる可能性は低いという。

 動物園は20日から休園しており、再開は2月以降になる見込み。

【関連記事】
世界一のノッポ犬、飼い主に抱かれ安楽死 
「安楽死旅行」合法化へ道 難病女性の訴え実る 英国
安楽死法下で初の死亡例 米ワシントン州
【ムツゴロウのいのち万華鏡】寝たきりのゲル…自力で歩かせたい
ルクセンブルクも安楽死を合法化

<ガンブラー>東京芸術劇場のサイト感染 完全復旧まで閉鎖(毎日新聞)
村越議員たった一人の反乱 「小沢幹事長辞任せよ」(J-CASTニュース)
外国人医療・介護従事者の受け入れ推進を―法相懇談会(医療介護CBニュース)
追いつめられた?小沢氏 定例会見での「高圧姿勢」転換(J-CASTニュース)
大寒 全国30地点で観測史上最高に 静岡で20度記録(毎日新聞)
[PR]
by xor7evci8e | 2010-01-27 08:09