キャバ嬢の苦悩の日々を告白


by xor7evci8e

カテゴリ:未分類( 56 )

 70歳以上の生活保護受給者に支給されていた「老齢加算金」の廃止について、北九州市の生活保護受給者39人(70〜90歳代)が「憲法が保障する生存権の侵害にあたる」として、市に廃止決定の取り消しを求めた訴訟の控訴審判決が14日、福岡高裁であった。

 1審・福岡地裁は原告の請求を棄却したが、福岡高裁の古賀寛裁判長は全員について市の廃止決定を取り消した。

 原告側弁護団によると、老齢加算を巡っては全国8地裁で同様の訴訟が起こされたが、廃止を違法と判断した判決は初めて。

 判決によると、老齢加算制度は1960年、「高齢者は食費や暖房費などの出費がかさむ」として創設された。原告らが住む北九州市では、2003年度までは1万7930円を上乗せして支給されたが、厚生労働省の決定により04年度以降は段階的に減額され、06年度までに廃止された。

 福岡地裁判決は「老齢加算金の廃止で、原告らは生活の各方面で制約を強いられたが、『最低限度の生活水準』を下回っているとまでは言えない」とし、請求を棄却。原告側が控訴していた。

 老齢加算を巡る訴訟では、福岡、東京など4地裁で原告側が敗訴。今年5月には東京高裁でも原告側の控訴が棄却された。

はやぶさ、地球帰還へ=豪州砂漠にカプセル落下―小惑星の砂に期待・宇宙機構(時事通信)
<荒井戦略相>知人宅を「主たる事務所」に 活動実態なく(毎日新聞)
九州全域での対策強化=口蹄疫で合同本部―国交省(時事通信)
小沢前幹事長、人事に不満ながらも当面様子見?(読売新聞)
雑記帳 南アW杯での勝利願い「我居るど勝歩弁当」 宮城(毎日新聞)
[PR]
by xor7evci8e | 2010-06-18 18:20
 【ハノイ=油原聡子】ベトナムの現地医師とともに、先天性心臓病に苦しむ子供たちの手術を行った日本の医療団は3日、集中治療室を訪れ、回復状態を確認した。医療団は滞在の5日間で、4歳から21歳の4人の手術を指導、全日程を終え4日帰国する。

 心房中隔欠損などの手術を受けた男児グエン・ニャット・ミンちゃん(4)は、もう起きあがれるようになり、母のアインさん(30)が顔を見せると手を延ばした。執刀したグエン・ホアン・ハー医師によると、ミンちゃんと、ファロー四徴症の手術を受けたファム・ティ・モーさん(13)は順調に行けば1週間から10日、ファロー四徴症に動脈管開存症などの合併症があった少年、フィー・バー・ティンさん(17)は2週間ほどで退院できるという。

【関連記事】
「明美ちゃん基金」日本医療団、ベトナムで手術指導へ
形をかえた恩返し「祖国の未来のために」 ベトナムの秋田医師
明美ちゃん基金 目指すは「命を釣り上げる“釣りざお”」
ギタアリヤちゃん、最後の手術延期し一時帰国へ
3つの心疾患の男児を4回の手術で治療 長野県立こども病院

国会、2週間延長を=民主・玄葉氏(時事通信)
<窃盗未遂容疑>非番の警察官宅に侵入…取り押さえられる(毎日新聞)
温首相、ジョギングで市民と交流(産経新聞)
“神鹿襲撃”飲食店主の浅はかすぎる動機とは…(産経新聞)
検察審査会に説明求めた民主・辻議員に質問状(産経新聞)
[PR]
by xor7evci8e | 2010-06-08 02:45
 与野党が超党派の議員立法によって障害者自立支援法改正案を今国会に提出することが26日、分かった。改正案は、同法廃止後に新制度が始まるまでの暫定措置との位置付けで、月内にも成立する見通しだ。
 福祉サービスを利用すると1割の自己負担を求める現行の障害者自立支援法をめぐっては、政府が2013年8月までに廃止した後で「障がい者総合福祉法」(仮称)を制定、新制度を創設する方針を打ち出している。
 改正案は、福祉サービスを利用するほど負担が増える「応益負担」から、利用者の支払い能力に応じて負担を決める「応能負担」に見直すことなどが柱で、昨年の通常国会に自民、公明両党が提出した改正案の内容をほぼ踏襲している。 

【関連ニュース】
「最終的には差別禁止法を」=自立支援法訴訟終結で原告と面会
自立支援法訴訟が終結=障害者ら国と和解
障害者施設、6割が利用再開=自己負担義務化で調査
自立支援法訴訟、初の和解=原告「きょうからスタート」
障害福祉従事者、7000円増=報酬改定後の平均給与

偽装結婚仲介で男逮捕=比人ニューハーフと―福岡県警(時事通信)
国債発行、さらに抑制も=菅財務相(時事通信)
国家公務員の新規採用39%減=11年度、半減目標達成できず―政府(時事通信)
大阪湾に迷子 堺泉北港内にクジラの死体(産経新聞)
<爆発>自販機横のごみ箱、けが人なし 愛知・一宮(毎日新聞)
[PR]
by xor7evci8e | 2010-05-29 05:43
 宮崎県内で被害が拡大している口蹄疫を巡って、農林水産省が最初の感染疑い例を確認した3週間前の3月下旬、同県家畜保健衛生所が、感染した水牛を診察しながら発生を見逃していたことがわかった。

 同省などによると、同県都農町で水牛を飼育する農家から、かかりつけの獣医師を通じ、県家畜保健衛生所に「水牛が発熱している。牛乳の出も悪い」という連絡があったのは3月31日。

 この日のうちに同衛生所の職員は立ち入り検査を実施し、4頭の水牛に発熱や下痢などの症状が出ているのを確認した。しかし、「普段の下痢」と判断して口蹄疫の可能性を疑うことなく、通常の風邪の検査をしただけで、同省にも報告しなかったという。

 この水牛農家から南東に600メートル離れた繁殖牛農家では4月9日、口の中がただれた牛が1頭見つかった。同衛生所はこの時も口蹄疫と見抜けず、20日に「最初の感染事例」として発表した。このため最初の水牛についても22日に血液の遺伝子検査を行った結果、ようやく23日に口蹄疫の感染疑いが判明したが、この時点で既に5例の感染(疑い含む)が発覚していた。口蹄疫の検査結果は通常、1日か2日で判明するため、もし3月末の段階で実施していれば4月初旬には拡散防止対策がとれたとみられる。

 口蹄疫は、早期に家畜の移動制限などを講じる必要があり、口蹄疫に詳しい後藤義孝・宮崎大教授(家畜微生物学)は「県が3月の時点で徹底した消毒などの対策を取っていれば、ここまで感染は広がっていなかった可能性がある」と指摘している。

「さすがQちゃん!」 出馬要請拒否に絶賛の声(J-CASTニュース)
色とりどりのバラ見ごろ、港の見える丘公園(産経新聞)
<普天間移設>首相発言で「決着」も 閣議了解から後退(毎日新聞)
振り込め詐欺捜査…実は警察装う詐欺団 1カ月で荒稼ぎ2400万円(産経新聞)
ゆったり 平安絵巻 都大路で葵祭(産経新聞)
[PR]
by xor7evci8e | 2010-05-21 10:02
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、鳩山由紀夫首相は7日午後3時から首相官邸で、鹿児島県・徳之島の3町長と会談し、普天間の基地機能の一部移転について協力を要請する。3町長は受け入れ拒否を正式に伝える。首相は沖縄訪問と徳之島3町長との会談を皮切りに、移設先の地元理解に全力を挙げる考えだが、沖縄での軽率な発言に首相の資質を問う声が高まっている。自ら説得に乗り出すことで打開策を求める試みが、求心力の低下に拍車をかけている。

 ◇党内外から厳しい批判

 首相は6日夕、今回の沖縄訪問について首相官邸で記者団に「連立政権で一番大事なことはオープン性だ。根回しとかやらないで、下手じゃないかという意見もあると思うが、率直に愚直に正直に行動することを尽くしていきたい。ただ1回ですべてが尽くされたとは思っていない」と述べ、引き続き地元の理解を得るのに全力を挙げる考えを強調した。

 しかし、首相が沖縄訪問で、海兵隊の「抑止力」について「(理解が)浅かった」と認め、自ら掲げた「県外移設」を「党としての発言ではない」と釈明したことに、政権内にも困惑が広がる。

 平野博文官房長官は6日の会見で、首相の「抑止力発言」について「大きな意味の抑止力なのか、小さな狭義の抑止力なのかという概念だと思う。もっと『抑止力は何だ』と首相に聞いたらどうか」と、首相に解釈を「丸投げ」せざるをえなかった。

 国民新党の下地幹郎国対委員長は、首相の「党としての発言ではない」との発言について、「非常に首相らしからぬ発言。公約のパンフレットの内容より、党代表の発言のほうが重いに決まっている」と厳しく批判した。

 6日、東京都内のホテルで開かれた民主党の地方議員の会合では世話人代表の宮城県議が「政治とカネ、普天間問題などで耳の痛い叱責(しっせき)を受けている」と首相に直訴。同党の中堅衆院議員の一人は「(有権者には)首相が辞めなければ民主党はダメだと言われる」と話す。閣僚の一人も「民主党が首相の資質を攻撃した麻生政権に似てきた」と自嘲(じちょう)気味に語った。

 野党側も首相の資質を攻撃。自民党の石破茂政調会長は6日、都内で記者団に「(首相は)安全保障を勉強しないまま『国外、県外』と言ってしまった」と指摘。公明党の山口那津男代表も取材に対し「(『抑止力』発言は)一国の首相が発言する内容ではなく、資質を問われる」と批判した。【野原大輔、念佛明奈】

 ◇徳之島3町長、会談へ

 首相は徳之島に普天間飛行場の基地機能の一部を移転する方針だが、このうち「海兵隊航空部隊の最大1000人の移転」には米側が4日の日米審議官級協議などで「沖縄本島の陸上部隊と170〜180キロ離れる」と難色を示している。このため、政府内では「部隊移転は現実問題としてできない。訓練移転ができるようにしたい」(政府関係者)と、「部隊移転」は断念せざるを得ないとの見方が強まっている。

 首相は6日、官邸で記者団に「沖縄の県民の皆さんのご負担をできる限り減らしていきたいという思いの中で、徳之島の皆様方にご理解いただけるよう努力してまいりたい」と3町長との会談に向けた意気込みを語った。これに対し3町長は同日、徳之島空港前で記者団に「断固反対という民意をしっかり伝える」(高岡秀規・徳之島町長)などとそろって反対方針を強調した。7日の会談には鹿児島県の伊藤祐一郎知事、徳之島を選挙区とする自民党の徳田毅衆院議員も同席する予定だ。

 首相官邸は、徳之島への部隊移転を断念する場合でも、訓練移転は実現したい考え。しかし、徳之島への訓練移転と米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(沖縄県名護市辺野古)に移設する現行計画の修正案との組み合わせでは「負担軽減にならない」と沖縄側が反発するのは必至だ。政府が検討する修正案は、工法を埋め立てから「くい打ち桟橋(QIP)」方式に変えるだけで、代替施設の規模や役割自体は基本的に維持することを想定しているためだ。【山田夢留、村尾哲】

【関連ニュース】
民主党:山岡氏「普天間は雲の上の話」と発言 抗議で撤回
普天間:社民党「月内決着」先送り要求 民主との関係模索
普天間:鳩山首相 「5月末決着」変更なしを明言
普天間:県内移設表明を批判…共産党・志位委員長
普天間移設:首相、地元説得の継続確認

<洋ラン>北海道に咲き誇る300株超 千歳・熱帯植物園(毎日新聞)
公務員法案、12日採決=衆院委(時事通信)
アカヤシオ ピンクの大波…三重・御在所岳(毎日新聞)
谷亮子氏 参院選出馬 「二足のわらじ」に危惧も(毎日新聞)
<高齢者住宅詐欺>容疑で社長夫婦を逮捕 神奈川県警(毎日新聞)
[PR]
by xor7evci8e | 2010-05-13 07:07
 ■T・加盟店の多さ/P・使い道が多彩

 1枚のカードに加盟店共通のポイントがたまる共通ポイントカード。先駆け的存在の「Tカード」に加え、3月からは「Ponta(ポンタ)」がサービスを開始した。加盟店で利用する際に提示すればポイントがたまる基本的な仕組みは変わらない。しかし、ポイントの使い道などさまざまな違いもあり、差別化が図られている。(森本昌彦)

 ◆家族で合算できる

 「買い物以外にもポイントがためられ、ポイントのお得な使い道も多彩。ポイントのためやすさ、使いやすさという部分に力を入れています」。ポンタを運営するロイヤリティマーケティング(東京都渋谷区)経営企画部長、福田朗也さんはこう語る。

 加盟店での商品購入やサービスを利用する以外に、「Pontaリサーチ」に会員登録してアンケートに答えることでもポイントがたまる。指定の特定商品を買うと通常よりも高いポイントが付与されるケースもある。

 ポイントの使い道も多岐にわたる。加盟店での購入時に1ポイント1円相当として使うだけでなく、ローソンで指定商品と引き換えたり、ポンタオリジナルグッズなど約1300点の商品との交換も可能だ。家族それぞれがポンタを持っていれば、ポイントを合算して使える点はTカードにはない特徴となっている。

 ◆募金もできる

 一方、平成15年10月にサービスを開始したTカードは現時点で、ポンタに比べ加盟店の多さで勝る。

 ポイントのため方は加盟店での買い物以外に、ウェブサイト「Tモール」を経由して同サイトに参加しているネットショップで購入すればポイントを付与。今月30日まではミニブログの「ツイッター」でつぶやくとポイントがもらえるなど、さまざまなキャンペーンも実施している。

 ポイントの使い道も広がっている。1ポイント1円相当として使ったり、他サービスのポイントと交換したりするほか、3月からは賛同した社会貢献活動に寄付できる「Tポイント募金」を開始。財団法人日本ユニセフ協会などが実施している募金活動に、1ポイントから寄付ができる。

 今後の展開について、サービスを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(渋谷区)で広報を担当する高橋祐太さんは「ポイントがためられる場所を広げ、あらゆる生活シーンで使えるようにしたい」と話す。

 ロイヤリティマーケティングも生活に密着したカードとして利用先の拡大を目指しており、両カードともさらに便利さを追求している。

わが国の外国人政策は過誤、錯誤、不作為のオンパレードだ(産経新聞)
<条例違反容疑>捕獲禁止の魚捕った男逮捕 滋賀(毎日新聞)
停車中の都営バスに追突、乗用車の男性が重体(読売新聞)
「宇宙の話聞きたい」=無事帰還に安堵−山崎さん家族(時事通信)
がん疼痛治療貼付剤の製造販売承認を取得―久光製薬(医療介護CBニュース)
[PR]
by xor7evci8e | 2010-04-27 13:56
 ライオンをガラス越しに観察できる迫力満点の展示スペース「レオガラス」を広島市安佐動物公園(同市安佐北区)が設置し、一般公開を始めた。

 ガラス1枚を隔てて見る「百獣の王」の迫力に、来園者らは大喜びで、興味深そうに観察していた。

 レオガラスは高さ3メートルで厚さ約2センチ。体重200キロのライオンが時速60メートルでぶつかっても大丈夫な強度という。

 今まではライオンと観覧者の間は、幅約9メートルの堀とさくで隔てられていたが、改修工事で堀に橋を架け、さくの代わりに強化ガラスを設置した。

【関連記事】
“生き餌”食べさせる殺戮ショー トラ虐待、中国で問題化
長崎の“竜馬”が薩摩へ 「泳げないカバ」の次男
動物園からペンギンなど盗む 長崎地裁で初公判
敵もサルもの…今度は逃がさぬ 東山動物園が新飼育舎
春は恋の季節? クジャクが羽根を広げてラブコール

三笠宮妃百合子さま 愛育班員全国大会に出席(毎日新聞)
首相動静(4月21日)(時事通信)
鹿島槍、55歳女性が下山中に滑落死(読売新聞)
反対集会に1万5000人=「島の未来、壊さないで」−普天間移設・鹿児島徳之島(時事通信)
<虐待>5カ月の長女を壁にぶつける 母親逮捕 愛知・常滑(毎日新聞)
[PR]
by xor7evci8e | 2010-04-22 23:17
 みんなの党の渡辺喜美代表は14日、福岡県庁で記者会見し、仙谷由人国家戦略担当相らが消費税率引き上げの必要性に言及していることについて「増税という重大な争点を主張している。国民は政権選択を間違ったのではと疑問に思っている。衆参ダブル選挙で政権選択をやり直すべきだ」と語った。
 また、参院選福岡選挙区(改選数2)の公認候補として、自民党に離党届を提出した県議の佐藤正夫氏(55)の擁立を発表した。これで、みんなの党の公認候補は選挙区5、比例代表8の計13人となった。 

【関連ニュース】
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる

パトカー衝突事故で女性が骨折 群馬県藤岡市(産経新聞)
「打倒!! 鳩山政権」保守系地方議員ら決起集会(産経新聞)
<沼田市長選>現職の星野氏が無投票で3選 群馬(毎日新聞)
辺野古「浅瀬」案 地元は条件次第で受け入れの動きも 首相への不信ますます (産経新聞)
<プラダジャパン>元部長が解雇無効の確認など求める(毎日新聞)
[PR]
by xor7evci8e | 2010-04-20 11:55
 フィギュアスケートの世界ジュニア選手権で優勝した村上佳菜子選手(15)=グランプリ東海クラブ=が6日、中京大中京高(名古屋市昭和区)の入学式に出席した。真新しい制服を着て出席した村上選手は「楽しみにしていた。浅田(真央)選手(中京大)や安藤(美姫)選手(トヨタ自動車)はここで大きな選手になった。自分も同じ学校で大きくなりたい」と話した。

 中京大中京高にはバンクーバー五輪銀メダリストの浅田選手のほか、入賞した安藤、小塚崇彦(トヨタ自動車)の両選手も通った。村上選手はナショナルトレーニングセンターにも指定されている中京大のフィギュアスケート専用リンクで、浅田選手らとともに練習する予定。【村社拓信】

【関連ニュース】
世界フィギュア:高橋大輔が優勝 日本人男子で初
世界フィギュア:高橋SP首位、小塚4位 織田は28位
世界フィギュア:川口組はSP2位…第1日
フィギュア:小塚、鈴木両選手 入賞「自信」胸に帰国
五輪フィギュア:小塚、自己ベスト記録更新…初入賞果たす

生徒自殺後すぐ原因調査を 対応マニュアル、小中高に配布 文科省(産経新聞)
医療モール運営、東京の会社が自己破産へ(医療介護CBニュース)
平沼氏ら、10日新党旗揚げへ=鳩山邦氏は参加見送り(時事通信)
山崎、野口さんが共同作業=コンテナから物資出す−同僚飛行士は船外活動(時事通信)
働く女性、7年ぶり減少=男性との賃金格差縮小−09年厚労省まとめ(時事通信)
[PR]
by xor7evci8e | 2010-04-13 23:04
 東京消防庁は7日、東京都中野区で3月、乗用車で母親がパワーウインドーを閉めた際、11カ月の女児が小指を切断する事故があったと明らかにした。
 パワーウインドーによる子供の事故は2005年度以降に計9件発生しているとして、同庁は注意を呼び掛けている。
 同庁によると、3月22日、走行中の車内で、母親が後部座席に座ってパワーウインドーを閉める際、抱きかかえた女児の右手が窓の外に出ていたのに気付かず、小指を切断した。 

<将棋問題>第1302回 問題(毎日新聞)
拉致対策本部事務局長代理に三谷秀史内閣情報官(産経新聞)
<足利事件報告書>虚偽自白の危険性…可視化論議に一石(毎日新聞)
防犯カメラ設置で痴漢被害半減…JR埼京線(読売新聞)
大塚愛さん『ネコが見つけた赤い風船』 身近な幸せに気づく大切さ(産経新聞)
[PR]
by xor7evci8e | 2010-04-08 21:31